スキップしてメイン コンテンツに移動

警告灯と記号

 メーターパネルの警告灯

 このガイドでは、警告灯のリストと各記号の意味を説明しています。 メーターパネルの警告灯には、走行に関わる異常や故障を知らせるもののほか、ドライバーが正しい操作を行わなかった際の注意や警告などがあります。
 警告灯・表示灯には、様々な種類があるので悩んでしまいがちですが、じつは国際規格(ISO)で記号や色が決められていて、国産車はもちろん、輸入車も同じなのです。 だから一度覚えてしまえば、クルマを乗り換えても安心です!



レクサスアンチロックブレーキシステム警告灯

ABS警告灯 

ABS警告灯は、ABSとブレーキアシストシステムの故障を示します。これは通常、ABSホイールスピードセンサーの故障またはクロックスプリングの不良が原因で発生します。

トラクションコントロールも無効になります。 

ABSスキャナー使用して障害コードを読み取り、レクサスABSライトが点灯している理由を調べます。

レクサスチェックエンジン(CEL)

チェックエンジンCEL | MIL故障表示ランプ 

チェックエンジンライトが点灯する場合は、オンボード診断システム(OBD)がエンジン、トランスミッション、またはEVAPシステムの問題を検出したことを意味します。 

チェックエンジンライトが常に点灯(点灯)している場合は、旅を続けることができる場合があります。 

チェックエンジンライトが点滅している場合は、いずれかのシリンダーで失火が検出されたことを意味します。チェックエンジンライトが点滅している場合は、車両を数分以上操作しないでください。エンジンと触媒コンバーターが損傷する可能性があります。エンジンも過熱してヘッドガスケットを吹き飛ばす可能性があります。 

何百もの可能性があります。 

可能な限りOBD-IIスキャナーで障害コードを読み取ります。 

レクサスエアバッグライト

エアバッグライト| SRS警告灯 

エアバッグ警告灯が点灯するときは、助手席重量センサーの故障など、サプリメント拘束システムに問題があることを示しています。事故に遭った場合、エアバッグが展開しない場合があります。 

これは、低電圧、電池切れ、乗客センサーの故障、クロックスプリングの不良、ワイヤーの損傷によって引き起こされる可能性があります。 

レクサスエアバッグライトを診断するには、エアバッグシステムの診断スキャナーが必要になります一般的なOBD-IIスキャナーはエアバッグコードを読み取ることができず、障害コードも表示されません。 

レクサスエンジンがクーラント温度を過熱

 エンジンの過熱| クーラント温度が高い

このライトが点灯または点滅して、エンジンが過熱していることを知らせます。プルオーバーはすぐにエンジンをオフにし、冷却します。エンジンが冷えたら、エンジン冷却水レベルを確認します。 

レクサスタイヤ空気圧

タイヤ空気圧警告灯| TPMS

これはタイヤ空気圧監視システム(TPMS)ライトです。 

ライトが点灯するとき、それはあなたが持っていることを示しています:

  • パンクしたタイヤ
  • タイヤ空気圧が低い

すぐに停止し、パンクしていないことを確認してください。 

タイヤの空気圧が低い場合は、一番下のガソリンスタンドで停止して空気を追加します。または、12ボルトのタイヤインフレーター入手して車内に保管することもできます。 

約1分間点滅した後、表示灯が点灯する場合は、タイヤ空気圧警報システムの故障です。

レクサスウィンドシールドウォッシャー液

フロントガラスウォッシャー液

このライトは、フロントガラスウォッシャーの液面が低いことを意味します。ワイパースイッチを押したときにフロントガラスにスプレーする水はありません。

次の停車地で、ボンネットを開き、フロントガラスの液体リザーバーを見つけて、フロントガラスのウォッシャー液を追加します。 

フロントガラスウォッシャー液リザーバーキャップの上部には同じ記号が付いています。普通の水は使用しないでください。 

レクサススタビリティコントロールフォールトインジケーター

VSCライト

VSCはVehicleStabilityControlの略です。レクサスVSCシステムは、緊急操作中に車両を安定させるのに役立ちます。それはABSとブレーキシステムと連動して機能します。 

 

オールシステムレクサススキャナー使用して、VSCとトラクションコントロールの問題を診断します。 

ライトが点灯したままの場合は、以下に誤動作があることを意味します。

  • TRACシステム
  • 車両安定性制御(VSC)システム
  • ヒルスタートは制御システムを支援します。
  • DRSシステム(装備されている場合)
  • VGRSシステム(装備されている場合)

一般的な問題には、ABSセンサー、時計のばね、ABSポンプなどの故障が含まれます。 

運転を継続することは可能ですが、注意して行ってください。スタビリティコントロールおよびトラクションコントロールシステムは無効になっています。 

レクサススリップインジケーター(VSC)ライト

スリップインジケーター 

スリップインジケーターが点滅している場合は、車両がトラクションを失っていることを意味します。速度を落とし、より慎重に運転してください。 

スリップインジケーターが点灯したままの場合は、システムが無効になっていることを意味します。あなたの車を診断する時が来たことをあなたに思い出させるために問題があるとき、チェックエンジンライトも来るかもしれません。

レクサスビルディングライト

エンジンクーラントレベルの確認方法。 

  • 安全な場所で直ちに車両を停止してください。 
  • エンジンを切る
  • エンジンが冷えたら、エンジン冷却水レベルをチェックし、ラジエーターリザーバーとホースに漏れがないかチェックします。
  • リザーバー内の液面がMAXとMINの間にある場合、その液面は十分です。
  • レベルが最小マークを下回っている場合は、クーラントを追加します。
  • エンジンをオンにして、ラジエーターファンが作動しているかどうかを確認します。

温度計を見てエンジン温度を監視します。針はゲージの中央に留まる必要があります。 

エンジンが過熱している場合は、エンジンを運転したり、運転を続けたりしないでください。 

レクサスバッテリー警告灯

バッテリー警告灯

レクサスのバッテリーライトが点灯したまままたは点滅している場合は、バッテリーに充電システムに問題があることを意味します。問題によっては、車がさらに10〜30分間走行し、その後停止する場合があります。 

オルタネーターの不良、電圧レギュレーターの不良、ワイヤーの損傷、バッテリー接続の緩みなどが考えられます。

レクサスエンジンオイル軽油圧

エンジンオイルライト| 油圧

オイルランプが点灯しているときは、エンジンオイルの圧力が非常に低いか、エンジンオイルのレベルが低くなっています。オイルライトは常に点灯、赤または黄色、または点滅する場合があります。 

安全になったらすぐにプルオーバーします。エンジンを停止し、オイルレベルを確認し、必要に応じてオイルを追加します。 

このライトが点灯した状態で車両を操作しないでください。 

マスター警告灯

感嘆符ライト| マスター警告灯 

これは、それ自体では多くの情報を提供しないマスター警告灯です。マスター警告システムに障害があることを単に示しています。 

通常、少なくとも1つの他の警告灯と同時に点灯します。 

 レクサスブレーキ  

ブレーキ警告 

運転中にブレーキランプが点灯する場合は、次のことを意味します。

  • ブレーキパッドが摩耗しているため、交換が必要です。

  • ブレーキシステムに問題があります。 

  • ブレーキフルードのレベルが低い。 

  • パーキングブレーキが完全に解除されていません。 

安全になったらすぐに車両を停止し、ブレーキフルードのレベルを確認してください。ブレーキランプをつけたまま車両を運転することは危険で危険な場合があります。 

レクサスマスター警告灯

感嘆符ライト| マスター警告灯 

これは、それ自体では多くの情報を提供しないマスター警告灯です。マスター警告システムに障害があることを単に示しています。 

通常、少なくとも1つの他の警告灯と同時に点灯します。

レクサスブレーキライト(イエロー)

ブレーキライト-黄色 

黄色のブレーキ警告灯は次のことを意味します。

  • 電子ブレーキシステムに問題があります。安全システムとしても知られています。 

  • パーキングブレーキに問題があります。

レクサスポップアップフード警告灯

ポップアップフード警告灯 

ポップアップフード警告灯が点灯すると、ポップアップフードシステムが作動したことを示します。これは通常、事故によって作動するか、急ブレーキ中に発生する可能性があります。 

  • ポップアップフードシステムを操作すると、再利用できなくなります。
  • ライトは、ポップアップフードシステムの誤動作も示します。
レクサスブレーキオーバーライド

ブレーキオーバーライドシステム| ドライブスタート制御 

ブザー音が鳴る場合は、次のことを意味します。

•ブレーキオーバーライドシステムの誤動作

•ドライブスタート制御の操作

•ドライブスタート制御の誤動作

•パーキングサポートブレーキ機能が作動しています(静止物体の場合)

ブザー音が出ない場合は

•ブレーキオーバーライドシステムが作動している

•アクセルを放し、ブレーキを踏む

レクサス電動パワーステアリングシステム

   電動パワーステアリングシステム

 ハンドル+感嘆符は黄色または赤の場合があります。これは、電動パワーステアリング(EPS)システムの誤動作があることを意味します。 

車両の操縦が難しい場合があります。 

レクサス低燃料

  低燃料レベル警告灯 

警告灯は、車両に残っている燃料の量が約3ガロン以下であることを示します。 

レクサスドライバーと助手席シートベルトリマインダー

 運転席および助手席+シートベルト 

リマインダーライトは、運転手または助手席の乗客にシートベルトを着用するよう警告します。助手席が占有されている場合は、シートベルトを着用する必要があります。 

レクサスリア助手席シートベルトリマインダーライト

助手席シートベルトリマインダーライト 

リマインダーライトは、後部座席の乗客がシートベルトを着用していないことを警告します。

レクサスレーントレースアシスト(LTA)

レーントレースアシスト(LTA)

インジケーターは、レーントレースアシスト(LTA)が誤動作していることを示します。

直感的なパーキングアシストOFFインジケーター

 直感的な駐車はオフを支援します。  

表示灯が点灯しているのは、直感的なパーキングアシスト機能が故障していることを意味します。システムが一時的に利用できないことを示します。これは、センサーが汚れや氷などで覆われていることが原因である可能性があります。

レクサスリアクロストラフィックアラートオフインジケーター

リアクロストラフィックアラート(RCTA)

ライトが点灯する場合は、リアクロストラフィックアラート(RCTA)が誤動作しているか、オフになっていることを示しています。 

レクサスリアカメラ検出RCD

リアカメラ検出(RCD) 

ブザー音がするとき

•これは、リアカメラ検出(RCD)が誤動作していることを意味します 

ブザー音が聞こえないとき

•これは、RCD機能を一時的に使用できないことを意味します。カメラの汚れなどが原因の可能性があります。

レクサスPCS警告灯

PKSBオフ 

ブザー音が聞こえたら:

•パーキングサポートブレーキ(PKSB)システムが故障していることを意味します

ブザーが聞こえないとき

•これは、システムが一時的に利用できないことを示しています。センサーが汚れている可能性があります

PCS警告灯 

ブザー音の場合:

•プリコリジョンシステム(PCS)の誤動作があることを意味します

ブザーが鳴らないとき:

•これは、システムが一時的に機能しておらず、修正措置が必要であることを意味します

ビークルスタビリティコントロール(VSC)システムまたはPCSが無効になっている場合、PCS警告灯が点灯します

レクサスパーキングブレーキが点滅する

パーキングブレーキが点滅する

インジケーターの点灯は、パーキングブレーキシステムが故障していることを意味します

レクサスブレーキホールド作動インジケーター

ブレーキホールド作動 

このインジケーターが点灯している場合は、ブレーキホールドシステムが故障していることを意味します。 

レクサスウインカー

ウインカーライト 

ウインカーレバー/スイッチを使用すると、これが点滅します。

  • レバーを引き下げます—左矢印が点滅します。 

  • 押し上げると右矢印が点滅します

曲がると、真ん中でクリックして戻り、ライトが消えます。インジケーターが通常どおり速く点滅する場合は、電球の1つが機能していない可能性があります。これが発生した場合は、できるだけ早く停止して検査し、機能していない電球を交換してください。

レクサスヘッドライトインジケーター

ヘッドライト 

ヘッドライトスイッチをオンにすると点灯します。ヘッドライトは、ユーザーの裁量に応じて、手動または自動で操作できます。

レクサステールライトインジケーター

 テールライト 

これは、テールライトが点灯しているときに、デイタイムランニングライト、サイドマーカーライト、パーキングライト、ナンバープレートライトとともに点灯します。

レクサスヘッドライトハイビームインジケーター

ヘッドライトハイビーム 

ヘッドライトがハイビームモードになっていることを示します。上記のすべてのライトは、デイタイムランニングライトを除いてオンになっています。

レクサスオートハイビームAHBインジケーター

 オートハイビーム(AHB) 

この機能は、フロントガラスに配置されたカメラセンサーを備えており、前方の車両のライトの明るさを評価します。必要に応じて、ハイビームのオンとオフを自動的に切り替えます。

レクサスプリコリジョンシステムPCS

プリコリジョンシステム(PCS)警告灯

プリコリジョンシステムは、車両への深刻な損傷を回避するために設計された機能です。イグニッションがオンになると、システムは自動的に有効になります。無効にすると、マルチインフォメーションディスプレイにメッセージが表示され、インジケーターライトが消灯します。

レクサスクルーズコントロールインジケーター

クルーズコントロール 

クルーズコントロールは、車両の速度を自動的に制御するシステムです。このライトインジケーターが点灯すると、アクセルペダルを踏まなくても現在の速度を維持します。ブレーキを踏むと消灯します。

レクサスダイナミックレーダークルーズコントロールインジケーター

 ダイナミックレーダークルーズコントロール 

クルーズコントロールと同じ機能ですが、今回は車両から車両制御までです。前方の車両の速度変化に合わせて、自動的に加速、減速、停止します。

レクサスクルーズコントロールSETインジケーター

クルーズコントロール「SET」 

これは、走行中にボタンを押したときに希望の速度でクルーズコントロールを設定したときに表示されます。速度はその速度のままになります。

レクサスブラインドサイドモニター

 バックミラーの外側のBSM(ブラインドサイドモニター) 

このインジケーターは、接近の速い車両がブラインドサイドに向かうときに点滅します。

これは、この機能が、運転中にドライバーが左から右に移動するのを助ける車両バンパーのレーダーセンサーを使用していることを示しています。運転中に一部の車両部品は表示されませんが、この機能は、死角に車両があるかどうかをドライバーに通知します。

レクサス直観駐車アシストOFFインジケーター

直感的な駐車はオフを支援します。 

これは、直感的なパーキングアシストがオフになっているときに表示されます。駐車すると、パーキングセンサーが無効になります。

レクサスビークルスタビリティコントロールVSCオフインジケーター

車両安定性制御VSCオフ 

VSCは車両の運転サポートです。運転中の車両の安定化/制御に役立つため、システムがオフになっているかどうかが表示されます

レクサスハイモードインジケーター

ハイモード 

ハイモードインジケーターが点灯しているときは、車両の高さが通常の姿勢から上昇します。

レクサスプッシュボタンスタートインジケーター

プッシュボタンスタート 

これは、車を始動しようとしているときにパネルに表示されます。ブレーキペダルを踏むと、これが表示され、エンジンを始動できます。

レクサスパーキングブレーキインジケーター

パーキングブレーキ 

これは、シフトレバーがパークに設定されている場合に表示されます。これは、パーキングブレーキが機能することを意味します。

レクサスブレーキホールドスタンバイインジケーター

ブレーキホールドスタンバイ 

これにより、シフトがD、M、またはNのときにブレーキがかかり続け、スムーズなスタートロールが可能になります。

レクサスECOドライビングインジケーターライト

 エコドライビングインジケーターライト 

これは、運転速度がエコノミー燃費モードになっていることを示しています。

レクサス低外気温インジケーター

 外気温が低い 

これは、周囲の外気温を表示します。範囲は-40°F(-40°C)から122°F(50°C)です。

レクサスセキュリティインジケーター

セキュリティ 

セキュリティまたはイモビライザーシステム。このライトは、エンジンがオフになると点滅します。これは、車両のセキュリティがオンになっていることを意味します。

レクサス助手席エアバッグオフ

エアバッグのオン/オフ(40)

エアバッグが武装しているかどうかのインジケーター。

レクサスAWD

AWD | 4x4

このライトが点灯したままの場合、4つのホイールすべてがアクティブになります。全輪駆動とも呼ばれます。 

ライトが点滅する場合は問題があり、AWDを作動させることができません。 

レクサスアダプティブフロントライティングOFFインジケーター

アダプティブフロントライティングAFSライト

AFSは、自動ヘッドライト調整とも呼ばれるアダプティブフロントライティングシステムの略です。ハンドルからの入力に基づいてヘッドライトを調整します。たとえば、曲がると、ヘッドライトプロジェクターが回転して、曲がっているコーナーを明るくします。 

AFS OFFは、アダプティブヘッドライト調整システムに問題があることを意味します。 

レクサスサービスリマインダーインジケーター

 サービスリマインダー 

オイル交換などの定期メンテナンスによるものです。これは問題があることを意味するのではなく、定期的なメンテナンスだけです。 

レクサストランスミッション温度インジケーター

トランスミッション温度 

このライトは、オートマチックトランスミッションが過熱している可能性があることを意味します。このライトは、けん引しているときによく点灯します。安全になったらすぐにプルオーバーして、車両を冷まします。 

レクサス自動リミテッドスリップデフ(LSD)インジケーター

自動リミテッドスリップデフ(LSD) 

リミテッドスリップデフは、ホイールスリップを検出すると自動的にロックします。 

レクサスハイブリッドレディインジケーター

ハイブリッド対応 

これは、すべての条件が満たされ、ハイブリッドモデルをアクティブ化する準備ができていることを意味します。エンジンの自動始動/停止-停止すると作動するように始動します。 

レクサスEVモードインジケーター

EVモード 

車両は電気モードで動作しています。 

レクサスEV運転インジケーター

EVの運用 

車両は電気モードで動作しています。 

レクサスハイブリッドバッテリー過熱インジケーター

ハイブリッドバッテリーの過熱 

ハイブリッドバッテリーのリチウムイオン電池が過熱しています。 

レクサスLEDヘッドランプアウトインジケーター

LEDヘッドランプ出力 

ヘッドライトが切れている、またはヘッドライトの自動調整機構が故障している。 

レクサススポーツドライブモードインジケーター

スポーツドライブモード 

トランスミッションとエンジンは最高のパフォーマンスを得るためにスポーツモードで作動しています。エンジン出力は最大出力に調整されていますが、トランスミッションはシフトする前により長くギアを維持する場合があります。 

レクサスカスタムドライブモード

カスタムドライブ

現在のドライバー用にカスタマイズされた運転モード。 

レクサス電子制御トランスミッション設定インジケーター

電子制御トランスミッション設定 

 

レクサスターンアシストインジケーターターンアシストインジケーター

よく読まれている記事

プリウス 知らないと大変!ラジエーターキャップの問題

   プリウスのラジエーターキャップ。全体的に見ればセットアップの小さな部分。これは、うまくいかないと多くの問題を引き起こす可能性があります。最悪の場合、あなたは道路の脇に座ったままで、回復車両を待つことになります。  「たかがプリウスのラジエターキャップ」この部分の単純な名前にだまされないでください。ラジエーターキャップは、入口でクーラントがシステムから漏れるのを防ぐだけではありません。さらに、ラジエーター内に正しい圧力を保持し、双方向バルブとして機能します。何でこれが大切ですか?余分な圧力がクーラントの沸点を上昇させ、エンジンから熱を引き出して全体の温度を下げるため、クーラントが蒸気に変わるのを防ぎます。  これは、プリウスのラジエーターキャップが故障した場合、エンジンに熱が蓄積する可能性があることを意味します。そして、それは他のシステムが失敗し始める可能性があるときです。これは、プリウスのパフォーマンスだけでなく、出費もかかります。今日はその兆候について解説します。 クーラントの漏れ プリウスのラジエーターキャップが破損すると、クーラントシステム内の圧力が低下し、クーラントの一部が蒸気になり、シール、ガスケット、ホース、および接合部(クーラントシステムの最も弱い点)にストレスと故障が発生する可能性があります。  時間が経つにつれて、これはクーラントシステムからの漏れにつながる可能性があり、プリウスの下に明るい色の液体プールとして見ることができます。このような漏れが見られる場合は、キャップに摩耗や損傷の兆候がないか確認してください。ただし、加圧のため、これらの漏れの一部は、エンジンが完全に動作している場合にのみ発生し、霧状態(スプレーのように)でパイプとシールからクーラントを強制的に排出します。  漏れの原因を見つける1つの方法は、個々のパイプをつかむことです。この圧力の上昇により、欠陥のあるシールやガスケットから液体が少し滴り落ちるはずです。漏れの根本的な原因である可能性があるため、パイプとシールを交換し、ラジエーターキャップも確認する必要があります。 折り畳まれたラジエーターパイプ  また、ラジエーターキャップの故障によって引き起こされるこれらの圧力変動は、ホースの反り、裂け、さらには崩壊を引き起こす可能性もあります。これは、システムによって適切に解放されな

プリウス50に見られる症状を知って中古車を買う

   プリウス50は市場にリリースされて以来、時には高価な誤動作を起こしやすいことで知られるようになりました。  もしあなたがプリウス50の所有者(2018年以降発売)である場合、下記に示した問題のいずれかが発生した場合は、熟練した整備士に修理を依頼する必要があります。 過剰なオイル消費  過剰なオイル消費は、プリウスの所有者が最も重要な不満の1つです。オイルの過度の使用は、エンジンの過熱にもつながりました。プリウスに常にオイルを充填する必要がある場合は、過剰なオイル消費量を検査し、必要に応じて修理する必要があります。 誤った残量ゲージの読み取り  プリウス50のもう1つの一般的な誤動作には、燃料計の誤った読み取りが含まれます。所有者は、燃料計が実際に車のタンクにあるガソリン量を正確に反映していないと報告しています。FULLになった後でも、ゲージはFULLを指さないケースが報告されています。ゲージが不正確な測定値を示している場合は、整備士によるテストと修理が最善の策です。 数日間置きっぱなし後の始動拒否?  多くのプリウスの所有者は、数日間アイドリング状態になっていると、車を始動するのが難しいか不可能であると報告しています。一部の車は、毎日運転しないと、始動が困難になるか、まったく始動しない場合もあります。  クーラントコントロールバルブ故障  プリウスはエンジンの起こり得る故障を警告するために警告灯がありますが、場合によってはスパークプラグを交換したり、ガソリンキャップを交換または締めたりすることでエンジン警告灯を解決できますが、プリウスの3方向クーラントコントロールバルブの故障が原因でライトが点灯したままになる場合があります。  実際、この問題は新しいプリウスで比較的一般的です。エンジン内のガソリンキャップやスパークプラグなどを点検してもエンジン警告灯が消えない場合は、三方クーラントコントロールバルブの点検・修理が必要になる場合があります。 ストールまたはコントロールの喪失  2018プリウスは失速またはストールに苦しむ傾向があると報告されています。人々は、運転中に突然車両が失速したり、制御を失ったりしていると報告しています。  マスエアフローセンサーが問題の根本原因です。センサーを交換することで、エンジンへの電力を回復し、危険なストールを防ぐことができます。多

ハイブリッドトランスミッションサービスの重要性

    トランスミッションは3つの目的を果たします。まず、ブレーキをかけるときに車両の速度を落とすのに役立ちます。また、バッテリーの充電にも役立ちます。最後に、従来のガソリンエンジンを搭載した車と同様に、ハイブリッドトランスミッション は適切な量の動力(トルク) を車輪に供給して、車両を 前進させます。  メンテナンスが必要なことをどうやって知るか? トランスミッションフルードが汚れている、または少ない— 推奨されるメンテナンス間隔を超えている 指定外のフルードの使用 トランスミッションの過熱— クーラーの詰まりや古い汚れたトランスミッションフルードが原因であることがよくあります バルブ本体の摩耗— 内部での液体のメンテナンス不足が原因である可能性があります 損傷したプッシュベルト、プーリー、ベアリング ハイブリッドトランスミッションサービスは重要です  ハイブリッド車ではトランスミッションを定期的に整備することがさらに重要です。ハイブリッドトランスミッションの故障は、従来の車両のトランスミッションよりもはるかに高価であり、100万円以上かかる可能性があります。    トランスミッションの寿命を延ばすには、トランスミッションフルードを交換することが重要です。9万キロから10万キロごとにハイブリッドトランスミッションフルードサービスを利用することをお勧めします。 ハイブリッドトランスミッションが早期故障を防止  ハイブリッドトランスミッションサービスは、早期のトランスミッション障害を防ぐのに役立ちます。トランスミッションフルードは5万キロごとに交換することを強くお勧めします。すべてのタイプのハイブリッド車サービスと同様に、ハイブリッドトランスミッションでは、その特定のメーカーとモデル用に設計された推奨フルードを使用する必要があります。  指定外のモーターオイル、クーラント、またはトランスミッションフルードを使用すると、いくつかのシステムに重大な損傷を与える可能性があり、修理するにはモーターまたはトランスミッションの完全な交換が必要になる場合があります。  ハイブリッド車や代替燃料車のさまざまなメーカーやモデルで使用されているトランスミッションには、いくつかの種類があります。ハイブリッドトランスミッションの修理または再構築は、ガソリン車よりもはるかに複雑になる可能性があ

プリウスのアクセルペダルを踏み込んだ瞬間に削れるような金属音

  プリウス・ハイブリッドを加速したとき金属音が聞こえる5つの原因  いつもは快適に走っているプリウスハイブリッド! メンテナンスもあまりしてないのに、故障もせずによく走ってくれるな・・・オイル交換さえしておけな問題なし。  そんなお気楽な気持ちにさせてくれるプリウスでも、定期的なメンテナンスを怠ってしまえば、ある日突然、これまで耳にしたことがないような異音に出会う日が訪れます。 異音の原因 トランスミッション ディフェレンシャルギア ホイールベアリング CVジョイント エンジンマウント 原因1-トランスミッションの問題  プリウスハイブリッドのトランスミッションが発する可能性のあるさまざまな音がたくさんあり、そのほとんどは機械的な規則的な音でありほとんど聞こえません。ただし、そこからきしむような音が聞こえる場合は、すでに手遅れになっている可能性があります。  プリウスが加速中のオートマチックトランスミッションの削れるような音は、プラネタリーギヤシステムが摩耗していることを示しています。システムがどのように機能するかを知っていれば、ほんの少しの損傷でもギヤの同期が外れる可能性があることを理解できるはずです。  簡単に言えば、それはプリウスの車輪速度がエンジンと同じページにないことに起因します。それは加速している間ずっと挽くかもしれません、あるいはそれは特定のギアでのみそうするかもしれません。 修理方法  プリウスに限らず車の最も複雑なコンポーネントの1つとして、オートマチックトランスミッションを自分で作業することは不可能です。あなたの車が加速中にきしむような音を立てて、それがトランスミッションであることになった場合、 おそらく、それを交換する必要があります。 原因2–ディフェレンシャルの問題  ディファレンシャルは、ホイールがさまざまな速度で動くことを可能にするドライブトレインの一部です。これが不可能な場合、車の取り扱いは予測不可能で危険です。 基本的に、ディファレンシャルはエンジンから供給される動力を受け取り、それを各ホイール間で分割して、異なる速度で回転できるようにします。正常に動作しないと、うなり音がする場合があります。ただし、悪化すると、研削が始まる場合があります(特に加速時や回転時)。この場合、デフのインサイドギヤが摩耗して外れていることを意味します。 修

燃料フィルターの汚れまたは故障の兆候

   プリウスハイブリッドの燃料フィルターはしばしばあなたの車の忘れられた存在です。すべてのろ過システムと同様に、ブロックしているすべての粒子でますます詰まるため、時間の経過とともにフェイルオーバーします。  ハイブリッドだからガソリン燃料はかなりきれいだと思われるかもしれませんが、ポンプでも、燃料には汚れ、燃料タンクからの錆、さらには塗料の破片などの多くの不純物が含まれている可能性があります。  プリウスハイブリッドのフィルタは、汚染物質がエンジンに到達するのを防ぎます。これは、エンジンの性能に影響を与え、寿命を縮める可能性があります。プリウスのフィルタが常に適切に機能していることを確認するにはどうすればよいですか?また、ハイブリッドのフィルタがいつごろ終了するかを知ることもできますか? プリウス 燃料フィルターの目的  燃料システムは、タンクから燃料を引き出し、それを燃料フィルターに通して、噴射システムを介してエンジンに分配します。その後、エンジンのシリンダーチャンバー内での燃焼生成物として使用され、タイミングを合わせて点火するたびに、運動に必要なエネルギーが供給されます。燃料フィルターは、燃料の不純物や錆などの汚れがエンジンに入るのを防ぐために不可欠なバリアを形成します。異物がフィルターを超えてエンジンに入ると、早期の摩耗、損傷、燃費の低下を引き起こす可能性があります。  現代の自動車設計がこれまで以上に効率的なエンジンを使用するにつれて、過去10年間で燃料フィルターはますます重要になっています。フィルターは、修理に非常に費用がかかる可能性のあるエンジンの損傷を防ぐために不可欠な部品です。したがって、フィルターを正常に機能させることは、車と費用の両方にとって最善の利益になります。 インライン燃料フィルター 問題の兆候 車両の始動の難しさ  フィルターの故障で汚れが発生する可能性が高い最初の問題の1つは、車の始動の問題です。フィルタが目詰まりすると、エンジンへの燃料の量が減り、始動が困難になります。時間の経過とともにチェックを外したままにすると、車の始動が完全に停止します。 燃費が悪い  エンジンは微妙にバランスの取れたシステムであり、ピストンの燃焼室への燃料の流れを制御するコンピューターによって制御されます。燃料フィルターが詰まっているか故障しているために