スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(エンジン警告灯)が付いた投稿を表示しています

車が動かない、この焦りと不安に答える

   ハイブリッドに限らずの話ですが、運転席に乗り、キーをイグニッションに差し込んで、車が始動しないことを見つけることほど不運なことはありません。これが発生する理由はたくさんありますが、残念ながら、これは非常に一般的な発生であり、毎日数千人ではないにしても数百人の運転手に発生します。  車に燃料を入れるのを忘れるなどの単純な問題から、より複雑な電気的障害まで、私たちのクイックガイドはいくつかの原因に対処するのに役立つはずです。 キーを回してもエンジンが回らない  ダッシュボードのライトが点灯し、おなじみのエンジン音が鳴るのを待ちます。しかし、代わりに何も聞こえません。最も一般的な理由はおそらく電気です: 弱いバッテリー  車が始動しない一番の理由。バッテリーはいくつかの理由で故障する可能性があります。長時間運転しておらず、寒さでバッテリーが消耗したり、古いバッテリーがゴーストをあきらめたりしている可能性があります。車をジャンプスタートし、オルタネーターが充電できるように、十分に走り回ってください。ヘッドライトをオンにして、バッテリーレベルを確認することもできます。ライトが点灯している場合は、バッテリーが良好であることを意味します。ライトが点灯しないときは、バッテリーに問題があることを再確認できます。 バッテリー端子の緩みまたは汚れ  バッテリー端子は、時間の経過とともに腐食したり、バッテリーのシートから外れたりする可能性があります。バッテリーが機能しない場合は、端子を掃除して締めて、問題が解決するかどうかを確認することをお勧めします。 スターターモーター  バッテリーが完全に充電されているか、上記のヘッドライトテストを完了していることが前提になります。キーを回すと、大きなカチッという音だけが聞こえます。これは、スターターモーターの故障または配線の故障が疑われる兆候です。オーナーズマニュアルを取り出し、電圧計を使用して電気機器をテストし、関連するすべての回路が機能していることを確認します。 着火の問題  車を始動するには、いくつかのスイッチをオンにする必要があります。シーケンスの最初のものは常にイグニッションスイッチであり、通常はキーによって制御されます。車がクランキング(始動)せず、バッテリーとスターターモーターをチェックした場合、問題はイグニッションスイッチに

プリウス30 怖いよ~、エンジン始動時に異音が発生。原因は何?

 始動時 にプリウスは異音を立てます。   これはプリウスオーナーから届いた質問です。  こんにちは!始動時に、私の2010年プリウス30は、エンジンが始動してから最初の5〜10秒間、ゴロゴロと音を立てます。    プリウスのヘッドガスケットが吹き飛ばされたように聞こえますが、それほど深刻ではありません。失火を引き起こす何か以外に、それはプリウスの中で何の異常が発生しているのでしょうか? こんにちは、アクトジャパンです。  あなたのプリウス異音問題はバルブタイミングアクチュエータに関係しているようです。それについて油圧が上昇した後にノイズが消えることで理由が説明できます。  圧力が高まるのにそれほど時間はかからないはずです。したがって、異音が発生するタイミングで別の問題がある可能性があります。  オイル交換が1万キロ以上行われていない場合、ここから始めます。  それが良ければ、次のステップは油圧が良好でタイミングマークが揃っていることを確認することです。  これがすべて良ければタイミングアクチュエータの交換を検討することを始めます。ただし、いくつかの障害コードが必要です。もしそうなら、診断機での結果を私に送ってもらえますか? ご不明な点やご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 エンジンの不具合に対応するアクトジャパン  我々はエンジンの不具合を交換または修復し、できるだけ早く走れる状態に戻すことが優先事項であり、迅速なエンジン診断サービスを行うことができます。私たちの整備士はエンジンシステム知識に経験豊富であり、私たちの蓄積された専門知識は、あなたが自信を持って道路に戻ることができるように、車両の問題を迅速かつ安全に診断できることを意味します。あなたの信頼とビジネスを獲得することを私達は楽しみにしています。 次の地域のいずれかに住んでいますか? 粕屋町長者原、福岡インターチェンジからすぐのアクトジャパンはあなたにとって非常に便利な愛車のかかりつけになれるかもしれません。 粕屋町  篠栗町  須恵町 志免町 久山町 東区青葉 東区土井 東区八田 私達がお手伝いします。   創業100年のアクトジャパン、私たちの整備の基本はあなたの車についてヒアリングし、当面の状況と今後予定される所有期間に基づき、 プロの目で メンテナンス計画の優先順位のアドバイス