スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(スパークプラグ交換)が付いた投稿を表示しています

プリウス イリジウムスパークプラグの交換時期を探る

プリウス スパークプラグの機能  プリウスイリジウムスパークプラグはエンジンの不可欠な部分です。それぞれが端子間に小さな高電圧スパークを送り、エンジン内の燃料に点火するために使用されます。スパークプラグが故障すると、エンジンが効率的に作動しなくなることを意味します。  時間の経過とともに、スパークプラグが汚れ、燃焼した燃料から残留物を拾い上げ、電極をカーボンで覆ってしまう(コーティング)する可能性があります。さらに、金属部品の繰り返しの火花は単にそれらを摩耗させる可能性があり、火花が電極間でジャンプしなければならない距離が長くなり、常に利用できるとは限らないバッテリーからの追加充電が必要になります。要するに、スパークプラグは摩耗します。  では、スパークプラグが正常に機能していないことをどのように判断すればいいのか、この小さいが非常に重要な部分の主な症状を探ります。 プリウスエンジン失火  プリウスのイリジウムスパークプラグはピストンの燃焼室内の燃料に点火する原因となるため、これはプラグの故障または一貫性のないスパークの典型的な症状の1つです。失火とは、プラグが混合気に適切に点火できないために、エンジンがぎくしゃくした動きをすることです。静止状態から始動する場合は特に-エンジンパワーが低下して、乗り心地が低下します。  プリウスのスパークプラグ故障は、失火が発生する可能性がある理由の1つであり、あなたのプリウスがこの問題に苦しんでいる場合は、根本的な問題を解決するだけでなく、プリウスエンジンへのさらなる損傷を防ぐために、すぐに整備士にチェックしてもらうことが重要です。 エンジン警告灯を確認  プリウスのダッシュボードに警告灯が点灯したら、さまざまな理由の可能性があります。そのうちの1つは、スパークプラグの故障です。一部の車両では、これが表示される唯一の、または主要なインジケーターの1つです。エンジンが失火すると、通常、ECUによって障害として検出され、チェックエンジンライト(警告灯)が点灯します。ライトが問題を警告したら、OBD2スキャナーを使用すると、原因を特定できます。これは、スパークプラグの問題である可能性があります。 燃費が悪化  プリウスが給油所に立ち寄る回数が増えていませんか? 支出の増加は効率の低下を意味します。効率が低下する理由の1つは、イリジウムス