スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(トランスミッション修理)が付いた投稿を表示しています

ハイブリッドトランスミッションサービスの重要性

    トランスミッションは3つの目的を果たします。まず、ブレーキをかけるときに車両の速度を落とすのに役立ちます。また、バッテリーの充電にも役立ちます。最後に、従来のガソリンエンジンを搭載した車と同様に、ハイブリッドトランスミッション は適切な量の動力(トルク) を車輪に供給して、車両を 前進させます。  メンテナンスが必要なことをどうやって知るか? トランスミッションフルードが汚れている、または少ない— 推奨されるメンテナンス間隔を超えている 指定外のフルードの使用 トランスミッションの過熱— クーラーの詰まりや古い汚れたトランスミッションフルードが原因であることがよくあります バルブ本体の摩耗— 内部での液体のメンテナンス不足が原因である可能性があります 損傷したプッシュベルト、プーリー、ベアリング ハイブリッドトランスミッションサービスは重要です  ハイブリッド車ではトランスミッションを定期的に整備することがさらに重要です。ハイブリッドトランスミッションの故障は、従来の車両のトランスミッションよりもはるかに高価であり、100万円以上かかる可能性があります。    トランスミッションの寿命を延ばすには、トランスミッションフルードを交換することが重要です。9万キロから10万キロごとにハイブリッドトランスミッションフルードサービスを利用することをお勧めします。 ハイブリッドトランスミッションが早期故障を防止  ハイブリッドトランスミッションサービスは、早期のトランスミッション障害を防ぐのに役立ちます。トランスミッションフルードは5万キロごとに交換することを強くお勧めします。すべてのタイプのハイブリッド車サービスと同様に、ハイブリッドトランスミッションでは、その特定のメーカーとモデル用に設計された推奨フルードを使用する必要があります。  指定外のモーターオイル、クーラント、またはトランスミッションフルードを使用すると、いくつかのシステムに重大な損傷を与える可能性があり、修理するにはモーターまたはトランスミッションの完全な交換が必要になる場合があります。  ハイブリッド車や代替燃料車のさまざまなメーカーやモデルで使用されているトランスミッションには、いくつかの種類があります。ハイブリッドトランスミッションの修理または再構築は、ガソリン車よりもはるかに複雑になる可能性があ

プリウス50に見られる症状を知って中古車を買う

   プリウス50は市場にリリースされて以来、時には高価な誤動作を起こしやすいことで知られるようになりました。  もしあなたがプリウス50の所有者(2018年以降発売)である場合、下記に示した問題のいずれかが発生した場合は、熟練した整備士に修理を依頼する必要があります。 過剰なオイル消費  過剰なオイル消費は、プリウスの所有者が最も重要な不満の1つです。オイルの過度の使用は、エンジンの過熱にもつながりました。プリウスに常にオイルを充填する必要がある場合は、過剰なオイル消費量を検査し、必要に応じて修理する必要があります。 誤った残量ゲージの読み取り  プリウス50のもう1つの一般的な誤動作には、燃料計の誤った読み取りが含まれます。所有者は、燃料計が実際に車のタンクにあるガソリン量を正確に反映していないと報告しています。FULLになった後でも、ゲージはFULLを指さないケースが報告されています。ゲージが不正確な測定値を示している場合は、整備士によるテストと修理が最善の策です。 数日間置きっぱなし後の始動拒否?  多くのプリウスの所有者は、数日間アイドリング状態になっていると、車を始動するのが難しいか不可能であると報告しています。一部の車は、毎日運転しないと、始動が困難になるか、まったく始動しない場合もあります。  クーラントコントロールバルブ故障  プリウスはエンジンの起こり得る故障を警告するために警告灯がありますが、場合によってはスパークプラグを交換したり、ガソリンキャップを交換または締めたりすることでエンジン警告灯を解決できますが、プリウスの3方向クーラントコントロールバルブの故障が原因でライトが点灯したままになる場合があります。  実際、この問題は新しいプリウスで比較的一般的です。エンジン内のガソリンキャップやスパークプラグなどを点検してもエンジン警告灯が消えない場合は、三方クーラントコントロールバルブの点検・修理が必要になる場合があります。 ストールまたはコントロールの喪失  2018プリウスは失速またはストールに苦しむ傾向があると報告されています。人々は、運転中に突然車両が失速したり、制御を失ったりしていると報告しています。  マスエアフローセンサーが問題の根本原因です。センサーを交換することで、エンジンへの電力を回復し、危険なストールを防ぐことができます。多

プリウストランスミッションの修理と交換について

プリウストランスミッションの修理と交換について  トランスミッション修理の特徴  トランスミッションはエンジンのエネルギーを受け取り、それを車両を駆動するホイールに送ります。これは、実行できる最も大規模で費用のかかる修理の1つです。トランスミッションは、内部に部品があるのとほぼ同じ理由で故障する可能性があり、多くの場合、修理するよりも交換する方が簡単です。   新しいまたは再構築された交換用トランスミッションだけでなく、古いユニットを取り外して新しいユニットと交換するために必要な労力も支払うことになります。  時間のかかる操作であり、これには、流体ライン、電気配線、エンジンマウント、排気システムコンポーネント、車軸またはドライブシャフトなどの切断が含まれます。 プリウスのトランスミッション不具合の原因  うまくいかないことがたくさんあるので、それは整備工場で何を修理する必要があるかによります。以下は、典型的な修理のリストです。 トランスミッションの漏れ :一般的な原因には、液体ラインのひび割れ、シールの漏れ、ガスケットの不良、ドレンプラグの破損、トルクコンバータポンプの損傷、トランスミッションパンの故障などがあります。 トランスミッションフルードフラッシュ :古いトランスミッションフルードを新しいフルードに交換します。 トランスミッションソレノイドの交換:ソレノイドはトランスミッション内の液体を制御します。それらはコンピュータによって供給される電圧を通して トランスミッションへ 働きかけます。 トランスミッションリンケージ :リンケージは時間の経過とともに緩む可能性があり、締める必要がある場合があります。また、完全に交換する必要がある場合もあります。 トランスミッションが非常に損傷していて修理できない場合があります。その場合は、再構築または再製造されたトランスミッションが必要になります。 プリウスのトランスミッションの症状は  いくつかの明らかな兆候がありますが、それはすべてトランスミッションのタイプに依存します。 オートマチックトランスミッション  オートマチックトランスミッションの問題は、マニュアルトランスミッションの 2倍の部品があるため はるかに複雑です。一般に、オートマチックトランスミッションの問題は4つのカテゴリに分類されます。 ドライブまたは他の前進ギ