スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(ハイブリッドバッテリー)が付いた投稿を表示しています

ハイブリッドカーの長所と短所を知っておく

 ハイブリッドカーの長所と短所 ハイブリッドカーのメリット  ハイブリッドカーの最大のメリットは、CO2排出量が少ないことです。ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせることで、車の燃費を大幅に削減します。したがって、ハイブリッドカーのドライバーとして、燃料費を節約し、同時に環境に貢献します。  さらに、このタイプの車はバッテリーで走行するときに非常に静かであるため、燃焼機関を搭載した車と比較して騒音公害が大幅に減少します。  通常のガソリン車に比べて比較的早く給油できます。  ハイブリッドカーは優れた燃費で走ります!これは、電気モーターが燃料エンジンを高速でサポートするためです。 ハイブリッドカーのデメリット  ほとんどのハイブリッド車では、燃焼エンジンが主要なエネルギー源です。電気モーターが放電されると、車は完全にガソリン車のように機能し、同じように汚染します。  その結果、ハイブリッド車が電気モーターをオフにしたときに、燃焼エンジンもガソリン車やディーゼル車と同じレベルのノイズを引き起こします。  価格は多くのドライバーにとって高すぎる可能性があります。ハイブリッド車はガソリン車やディーゼル車よりもはるかに高価です。同時に、ハイブリッドバージョンの小型車モデルは多くないため、価格レベルは一般的に高いです。  時々、静かなハイブリッドカーは、それが来るのを聞いていないかもしれない歩行者やサイクリストに危険をもたらす可能性があります。 プラグインハイブリッド車  プラグインハイブリッド車は、プラグインの航続距離がいわゆる従来のハイブリッド車よりもはるかに長いという点で、フルハイブリッド車とは異なります。バッテリーは大きく電気モーターで運転する場合、その範囲は最大50キロになります。電気モーターが放電すると、ガソリンモーターが引き継ぎます。  したがって、プラグインハイブリッドは、燃料レベルを低く抑えてより環境に配慮した運転をしたい場合、市街地走行に非常に適しています。  ただし、範囲はいくつかの要因に依存し、(たとえば)寒い(霜が非常に少ない)、高速である、他の電気部品がオンになっている、またはバッテリーが完全に充電されていない場合に減少します。  このタイプの車は自己充電ハイブリッドではないため、自宅または住んでいる場所の近くに充電ステーションが必要であること

一般的なハイブリッド車の修理

  ハイブリッド車修理  アクトジャパンのFAINES認定技術者は、特定の車両が最高のメンテナンスを受けることを保証します。 彼らは最新のトレーニングを受けており、ハイブリッド診断およびサービスツールも専門としています。 一般的なハイブリッド車の修理 エンジンライトの診断と修理を確認する ハイブリッドバッテリーフィルターエレメントの交換 ハイブリッドエアコンシステムの修理 高電圧バッテリーケーブルの修理/交換 ハイブリッドバッテリーのテストとコンディショニング ハイブリッドバッテリーの サービスと交換  全体として、ハイブリッド車は非常に信頼性が高く効率的であることが証明されています。 ただし、他の車両と同様に、ハイブリッド車のコンポーネントは使用に伴って経年劣化する可能性があります。 最終的に発生する可能性のある最も一般的な問題の1つは、ハイブリッドバッテリーです。  時間の経過とともに、バッテリーが摩耗すると、燃費が低下し、パフォーマンスが低下する可能性があります。 しかし、それは自動的にハイブリッドバッテリーを交換しなければならないという意味ではなく、コストがかかる可能性があります。  最新のハイブリッド車のバッテリーは、適切にメンテナンスされた場合、少なくとも150,000キロ持続するように設計されています。 専門技術者は、バッテリーの状態を正確に診断し、必要となる可能性のあるサービス、コンディショニング、または交換を実行できます。   最初に行われるのは、現在の健康状態を判断するためのハイブリッドバッテリーの診断テストです。 その後、バッテリーを取り外し、必要に応じて調整します。 これは、バッテリーを完全に放電することとバッテリーを完全に充電することを切り替えて、全体的なエネルギー出力とセル容量を改善するプロセスです。   このプロセス中に、障害のあるセルまたは障害のあるセルが特定され、必要に応じて交換できます。 バッテリーの他のサポートコンポーネントも、適切に動作するかどうかがチェックされます。 コンディショニングとコンポーネントの交換が完了すると、バッテリーは車両に戻されます。 ハイブリッドバッテリーシステム全体もチェックされ、最適な状態で機能していることを確認します。   バッテリーがコンディショニングや修理を超えている場合は、当社のハイブリッド技術

プリウスハイブリッドバッテリーの寿命を伸ばす

 プリウスバッテリーパックの熱管理  プリウスハイブリッドバッテリー熱管理システムの目的は、バッテリーセルを望ましい温度範囲内で動作させることです。バッテリーが高温限界を超えてバッテリーを損傷したり、寿命を縮めたりするのを防ぎます。バッテリーの温度変化を低レベルに維持して、バッテリーのバランスが非常に悪くなるのを防ぎます。  パックの不均衡は、パフォーマンスを低下させたり、バッテリーを損傷したり、寿命を縮めたりする可能性があります。バッテリパックの熱管理は、通常、2つのアプローチを組み合わせて実行されます。まず、冷却/加熱システムは、プリウスハイブリッドバッテリー修理パックに熱を抽出/供給するように設計されています。第二に、バッテリーコントローラーは、バッテリーの状態に基づいて、車両のバッテリーパックの使用を調整します。 プリウスのバッテリー寿命を延ばす強制エアシステム  プリウスは、プリウスハイブリッドバッテリーを冷却するための熱管理として、キャビンから調整された空気を供給します。パックの強制空気システムは、中央のブレーキライトの下のキャビンにある2つのベントで構成されています。  プリウスハイブリッドバッテリー修理では、各モジュールからの水素ベントがチューブと直列に接続されています。放出されたガスは、水素濃度の上昇を回避し、爆発の可能性を回避するために、ガスマニホールドを介して車両から排出されます。  外気は、車両の熱的快適性システムによって、ドライバーにとって快適なレベルに調整(加熱または冷却)されます。このアプローチには、乗客に快適なだけでなく、NiMHバッテリーの加熱または冷却に使用するのに理想的な空気を提供するという利点があります。ただし、プリウスハイブリッドバッテリーは、バッテリーの加熱に強制空気を使用しません。  モジュール全体で比較的均一な温度分布を実現するために、直列構成ではなく、並列気流スキームが使用されます。並列構成では、各モジュールは同じ量の気流を受け取り、したがって同じ冷却を受けるように設定されます。  プリウスハイブリッドバッテリーでこれを実現するために、キャビンの空気は、バッテリースタックの下を助手席側から運転席側に水平に走るプレナムを通ってパックに入ります。プレナムの断面積は、その入口で最大であり、モジュールの下に入るにつれて直線的

プリウスハイブリッドのバッテリー修理ステップを知る

プリウスハイブリッドバッテリー修理をどのようなステップで行うか  一般的に、ハイブリッドプリウスのバッテリー寿命は、燃費が悪化すると弱まり始めます。これは、プリウスのバッテリー故障の最初の兆候です。すべてのバッテリーは時間の経過とともに消耗します。  最初に発生したときに影響するいくつかの要因は、( トヨタプリウスの平均寿命は約10年ですが) バッテリーの化学的性質、充電回数、放電サイクル、極端な温度、さらには湿度が要因としてあげられます。 ハイブリッドバッテリー修理の手順 A)ハイブリッドバッテリーコンピューターが故障していないかどうかをテストします。それでも完全に機能している場合は、トヨタプリウスハイブリッドバッテリーを再調整した後、エラーアイコンやメッセージは表示されません。  プリウスハイブリッドバッテリーがあらゆる面で正常に動作することを確認するために、追加のエラーがあるかどうかをチェックします。 B)プリウスハイブリッドバッテリーパックを取り外し、個別に放電します。これはトヨタプリウスのバッテリー寿命に必要です。 C)次に、事前設定された充電方式でプログラム可能な特別な方法でセルを個別に充電し、定電流を維持して温度を監視します。これは、プリウスハイブリッドバッテリーパックから故障したセルを削除し、プリウスハイブリッドバッテリーの修理を修正する際に失われた容量を再構築するために必要です。 D)充電プロセスで脱硫器を使用して、失われた容量の回復を支援します。 E)プリウスハイブリッドバッテリーを充電した後、到達電圧と内部抵抗について各セルをテストし、プリウスバッテリーの残りの寿命を確認します。 F)100アンペアの電流で各セルのストレステストを行います。これにより、各ストリングが電気モーターに必要な負荷に耐えられることが保証されます。 G)すべての障害のあるセルが交換されます。ハイブリッドバッテリーの修理では、試運転して、すべてのセルのバランスを取り、均等化し、プリウスハイブリッドバッテリーパックが正常に動作していることを確認します。 H)良好なセルをスポット溶接することにより、チューブを再構築できるようになりました。これにより、適切なチューブを見つけるという問題が解決されます。これにより、プリウスを今後も長期間稼働させることができます。 ハイブリッドバッテ

ハイブリッドバッテリーの寿命を知っておく

  プリウスハイブリッドバッテリーの寿命  トヨタは、新しいハイブリッドバッテリーの寿命は8年であると発表していますが、実際にはそれほど単純ではありません。寿命は、車両の年齢、使用法、走行距離、車両メンテナンスケアの程度など、さまざまな要因によって異なります。  ハイブリッド車をどのように使っているか  週に400キロを運転しているタクシーの運転手ですか、それとも業務用として仕事に使用していますか、または私的使用のために車を使用していますか?  車両の使用方法は、ハイブリッドバッテリーの寿命に影響します。年間2万キロプリウスを運転しているプロのドライバーは、個人ユーザーよりもはるかに多くのハイブリッドバッテリーを使用します。したがって、このようなハイブリッドを使用するならば寿命が短くなるのは当然です。  あなたの車は何歳ですか? 10〜11年目には、自家用車が修理のためにやってくるのが一般的です。タクシーまたは長距離営業として使用される車両は、通常5年で10万キロを超えるために早く不具合が発生します。 ハイブリッドバッテリー、セルのバランスが崩れる寿命  ハイブリッドバッテリーの主な障害要因は、個々のセルが互いに不均衡になるときです。典型的な30シリーズのトヨタプリウスには28個の個別のセルがあり、これらのセルのそれぞれの容量は約6500mahです。時間の経過とともにこの容量は低下し、ハイブリッドバッテリーの寿命は1500mahまで低下します。ただし、この劣化は、1500mah程度のセルもあれば、5000mah以上のセルもある場合でも決して起こりません。不均衡なハイブリッドバッテリーは、均等にバランスが取れているバッテリーよりも早く劣化します。 車両の整備頻度  ハイブリッド車は、電気駆動とガソリンエンジンのバランスです。ガソリンエンジンの性能が悪いと、燃費が低下し、ハイブリッドバッテリーに負担がかかり、プリウスハイブリッドバッテリーの寿命が短くなります。  特にトヨタプリウスは機械的に非常に健全であり、それはしばしば多くの怠慢につながります。より高い走行距離を達成した車両は、通常、問題なく15万キロを達成したことを怠る傾向があります。車両のハイブリッドバッテリーについて質問がある場合は、お問い合わせください。 ハイブリッドのバッテリー不具合に対応するアクトジャパン