スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(ハイブリッド車検)が付いた投稿を表示しています

ハイブリッドカーの長所と短所を知っておく

 ハイブリッドカーの長所と短所 ハイブリッドカーのメリット  ハイブリッドカーの最大のメリットは、CO2排出量が少ないことです。ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせることで、車の燃費を大幅に削減します。したがって、ハイブリッドカーのドライバーとして、燃料費を節約し、同時に環境に貢献します。  さらに、このタイプの車はバッテリーで走行するときに非常に静かであるため、燃焼機関を搭載した車と比較して騒音公害が大幅に減少します。  通常のガソリン車に比べて比較的早く給油できます。  ハイブリッドカーは優れた燃費で走ります!これは、電気モーターが燃料エンジンを高速でサポートするためです。 ハイブリッドカーのデメリット  ほとんどのハイブリッド車では、燃焼エンジンが主要なエネルギー源です。電気モーターが放電されると、車は完全にガソリン車のように機能し、同じように汚染します。  その結果、ハイブリッド車が電気モーターをオフにしたときに、燃焼エンジンもガソリン車やディーゼル車と同じレベルのノイズを引き起こします。  価格は多くのドライバーにとって高すぎる可能性があります。ハイブリッド車はガソリン車やディーゼル車よりもはるかに高価です。同時に、ハイブリッドバージョンの小型車モデルは多くないため、価格レベルは一般的に高いです。  時々、静かなハイブリッドカーは、それが来るのを聞いていないかもしれない歩行者やサイクリストに危険をもたらす可能性があります。 プラグインハイブリッド車  プラグインハイブリッド車は、プラグインの航続距離がいわゆる従来のハイブリッド車よりもはるかに長いという点で、フルハイブリッド車とは異なります。バッテリーは大きく電気モーターで運転する場合、その範囲は最大50キロになります。電気モーターが放電すると、ガソリンモーターが引き継ぎます。  したがって、プラグインハイブリッドは、燃料レベルを低く抑えてより環境に配慮した運転をしたい場合、市街地走行に非常に適しています。  ただし、範囲はいくつかの要因に依存し、(たとえば)寒い(霜が非常に少ない)、高速である、他の電気部品がオンになっている、またはバッテリーが完全に充電されていない場合に減少します。  このタイプの車は自己充電ハイブリッドではないため、自宅または住んでいる場所の近くに充電ステーションが必要であること

ハイブリッド車とガソリン車の違いはたった2つだけ

  ハイブリッド車と従来の車の最大の違いは次の2つ バッテリーシステム  ハイブリッド車の電気モーターに電力を供給するために使用されるバッテリーは非常に大きくて高価ですが、可能な限り長持ちするように設計されており、多くの場合、数年間の保証が適用されます。  ただし、必然的にバッテリーが故障した場合は、交換に少なくとも数十万円を費やすことを覚悟してください。いくつかの小さな慰めは、多くのハイブリッド車では、ハイブリッドバッテリーが切れた後でも、ガスエンジンだけで運転し続けることができるということです。唯一の欠点は、燃費と出力の低下です。 ブレーキシステム  ハイブリッドは回生ブレーキシステムを使用しており、車両の減速時に失われたエネルギーを収集するのに役立ちます。これらのタイプのシステムは、後で使用するためにエネルギーを貯蔵して提供するだけでなく、ブレーキパッドの熱と摩擦を減らし、ブレーキパッドをはるかに長持ちさせることができます。簡単に言えば、ハイブリッドは実際にはブレーキシステムの定期的なメンテナンスが少なくて済みます。  ハイブリッドの基本的なメンテナンスは理解するのに問題はないはずですが、より複雑な手順は難しいかもしれず、専門家に任せるべきです。ハイブリッドオイルは従来の車両とは異なる場合があり、多くは0W-20などの新しい合成油を使用しており、ほとんどのハイブリッドには、従来の車よりもはるかに高い電圧のコンポーネントが含まれています(多くの場合、明るいオレンジ色のケーシングまたはラベルが付いています)。  そのため、主要な診断、修理、トラブルシューティングはすべて、ハイブリッド整備認定整備工場に任せることをお勧めします。私たちのFAINES認定メカニックは、ハイブリッド車のあらゆるニーズに対応できます。  実用的な観点から、ハイブリッドについて好感を持てることがたくさんあります–優れた燃費、最新の最先端技術、そして環境に良いことをする感覚。しかし、それからメンテナンスの問題があります。非常に多くの新技術により、ハイブリッド車のメンテナンスは従来のガソリン車よりも大幅に複雑になっています。  ハイブリッド車が毎日市街を走り回っているのを目にしますが、日常のドライバーやファミリーカーとしては信頼性が高く実用的です。 ハイブリッド車とは正確には何ですか?  簡単に

プリウスハイブリッドのバッテリー修理ステップを知る

プリウスハイブリッドバッテリー修理をどのようなステップで行うか  一般的に、ハイブリッドプリウスのバッテリー寿命は、燃費が悪化すると弱まり始めます。これは、プリウスのバッテリー故障の最初の兆候です。すべてのバッテリーは時間の経過とともに消耗します。  最初に発生したときに影響するいくつかの要因は、( トヨタプリウスの平均寿命は約10年ですが) バッテリーの化学的性質、充電回数、放電サイクル、極端な温度、さらには湿度が要因としてあげられます。 ハイブリッドバッテリー修理の手順 A)ハイブリッドバッテリーコンピューターが故障していないかどうかをテストします。それでも完全に機能している場合は、トヨタプリウスハイブリッドバッテリーを再調整した後、エラーアイコンやメッセージは表示されません。  プリウスハイブリッドバッテリーがあらゆる面で正常に動作することを確認するために、追加のエラーがあるかどうかをチェックします。 B)プリウスハイブリッドバッテリーパックを取り外し、個別に放電します。これはトヨタプリウスのバッテリー寿命に必要です。 C)次に、事前設定された充電方式でプログラム可能な特別な方法でセルを個別に充電し、定電流を維持して温度を監視します。これは、プリウスハイブリッドバッテリーパックから故障したセルを削除し、プリウスハイブリッドバッテリーの修理を修正する際に失われた容量を再構築するために必要です。 D)充電プロセスで脱硫器を使用して、失われた容量の回復を支援します。 E)プリウスハイブリッドバッテリーを充電した後、到達電圧と内部抵抗について各セルをテストし、プリウスバッテリーの残りの寿命を確認します。 F)100アンペアの電流で各セルのストレステストを行います。これにより、各ストリングが電気モーターに必要な負荷に耐えられることが保証されます。 G)すべての障害のあるセルが交換されます。ハイブリッドバッテリーの修理では、試運転して、すべてのセルのバランスを取り、均等化し、プリウスハイブリッドバッテリーパックが正常に動作していることを確認します。 H)良好なセルをスポット溶接することにより、チューブを再構築できるようになりました。これにより、適切なチューブを見つけるという問題が解決されます。これにより、プリウスを今後も長期間稼働させることができます。 ハイブリッドバッテ

ハイブリッドバッテリーの寿命を知っておく

  プリウスハイブリッドバッテリーの寿命  トヨタは、新しいハイブリッドバッテリーの寿命は8年であると発表していますが、実際にはそれほど単純ではありません。寿命は、車両の年齢、使用法、走行距離、車両メンテナンスケアの程度など、さまざまな要因によって異なります。  ハイブリッド車をどのように使っているか  週に400キロを運転しているタクシーの運転手ですか、それとも業務用として仕事に使用していますか、または私的使用のために車を使用していますか?  車両の使用方法は、ハイブリッドバッテリーの寿命に影響します。年間2万キロプリウスを運転しているプロのドライバーは、個人ユーザーよりもはるかに多くのハイブリッドバッテリーを使用します。したがって、このようなハイブリッドを使用するならば寿命が短くなるのは当然です。  あなたの車は何歳ですか? 10〜11年目には、自家用車が修理のためにやってくるのが一般的です。タクシーまたは長距離営業として使用される車両は、通常5年で10万キロを超えるために早く不具合が発生します。 ハイブリッドバッテリー、セルのバランスが崩れる寿命  ハイブリッドバッテリーの主な障害要因は、個々のセルが互いに不均衡になるときです。典型的な30シリーズのトヨタプリウスには28個の個別のセルがあり、これらのセルのそれぞれの容量は約6500mahです。時間の経過とともにこの容量は低下し、ハイブリッドバッテリーの寿命は1500mahまで低下します。ただし、この劣化は、1500mah程度のセルもあれば、5000mah以上のセルもある場合でも決して起こりません。不均衡なハイブリッドバッテリーは、均等にバランスが取れているバッテリーよりも早く劣化します。 車両の整備頻度  ハイブリッド車は、電気駆動とガソリンエンジンのバランスです。ガソリンエンジンの性能が悪いと、燃費が低下し、ハイブリッドバッテリーに負担がかかり、プリウスハイブリッドバッテリーの寿命が短くなります。  特にトヨタプリウスは機械的に非常に健全であり、それはしばしば多くの怠慢につながります。より高い走行距離を達成した車両は、通常、問題なく15万キロを達成したことを怠る傾向があります。車両のハイブリッドバッテリーについて質問がある場合は、お問い合わせください。 ハイブリッドのバッテリー不具合に対応するアクトジャパン

24ヶ月法定点検、車載コンピュータ診断検査、さらに車検後も51項目定期点検3回分をお付けして車検料金16,500円です。

  【地域最低価格保証】  他社と比べてください! この価格でこの内容の車検は弊社だけです。(Y経済研究所:車検FCの車検料金内訳調査)  ディーラー以上のアフターサービスをお手頃価格で提供していますので、車検後2年間の維持費が大幅に安くなります。(※特に7年目の車検以降) 「車検+定期点検3回(51項目点検 半年,1年,1年半)」で2年間完全アフターフォロー。 「車載コンピュータ診断検査」付なので、症状が出ていない潜在的な不具合や故障の影響度合いを把握し、必要に応じ対策を講じます。    福岡県糟屋郡粕屋町長者原の2029年 創業100年を迎えるアクトジャパン株式会社 では、年間5,000台以上のお客様に車検・整備をお任せいただいております。     当整備工場の特徴をひとことで言えば・・・「日本で唯一、次回車検まで半年ごとに定期点検(51項目)を無料で行って、突然の故障を未然に防ぐことに最大注力している点に集約されます。   ガソリンスタンドや車検チェーンは1万円車検が花盛り。 車検に通る点検さえ行えば確かにそれはそれで車検は通ります。  私達はまず24ヶ月法定点検を行い国が定めた車検基準56箇所の状態確認と車検に合格できない箇所の整備(オイル漏れ・ドライブシャフトブーツの破れなど)を行います。  次にコンピュータ診断機を使用し車載コンピュータ診断検査を実施。潜在的な不具合や影響度合いを的確に把握し、必要に応じ障害が発生する箇所を未然防止する対策を講じます。人間ドックに例えればCTスキャンやMR検査に相当します。 ハイブリッド車 診断メニュー HV機冷却水循環ポンプ作動点検【コンピューター診断】 インバーター冷却水量の点検【目視点検】 HVバッテリークーリングファン作動点検【目視点検】 HVバッテリークーリングシステム吸入口点検【コンピューター診断】 補機バッテリーの電圧量【バッテリー診断機】 予備スターターモーター作動 【 コンピューター診断】   リフレッシュ51点検    車検後、齢を取るごとに劣化(経年劣化)してくる箇所や走行距離が進むほど不具合(走行劣化)が出てくる箇所を車検時の診断カルテをベースに半年ごとの リフレッシュ51点検 (51項目点検)を行い万全を期しています。未然に故障を防げることで悲惨な事故や突然襲ってくる不安を防ぐことが可能です。