スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

プリウス イリジウムスパークプラグの交換時期を探る

プリウス スパークプラグの機能  プリウスイリジウムスパークプラグはエンジンの不可欠な部分です。それぞれが端子間に小さな高電圧スパークを送り、エンジン内の燃料に点火するために使用されます。スパークプラグが故障すると、エンジンが効率的に作動しなくなることを意味します。  時間の経過とともに、スパークプラグが汚れ、燃焼した燃料から残留物を拾い上げ、電極をカーボンで覆ってしまう(コーティング)する可能性があります。さらに、金属部品の繰り返しの火花は単にそれらを摩耗させる可能性があり、火花が電極間でジャンプしなければならない距離が長くなり、常に利用できるとは限らないバッテリーからの追加充電が必要になります。要するに、スパークプラグは摩耗します。  では、スパークプラグが正常に機能していないことをどのように判断すればいいのか、この小さいが非常に重要な部分の主な症状を探ります。 プリウスエンジン失火  プリウスのイリジウムスパークプラグはピストンの燃焼室内の燃料に点火する原因となるため、これはプラグの故障または一貫性のないスパークの典型的な症状の1つです。失火とは、プラグが混合気に適切に点火できないために、エンジンがぎくしゃくした動きをすることです。静止状態から始動する場合は特に-エンジンパワーが低下して、乗り心地が低下します。  プリウスのスパークプラグ故障は、失火が発生する可能性がある理由の1つであり、あなたのプリウスがこの問題に苦しんでいる場合は、根本的な問題を解決するだけでなく、プリウスエンジンへのさらなる損傷を防ぐために、すぐに整備士にチェックしてもらうことが重要です。 エンジン警告灯を確認  プリウスのダッシュボードに警告灯が点灯したら、さまざまな理由の可能性があります。そのうちの1つは、スパークプラグの故障です。一部の車両では、これが表示される唯一の、または主要なインジケーターの1つです。エンジンが失火すると、通常、ECUによって障害として検出され、チェックエンジンライト(警告灯)が点灯します。ライトが問題を警告したら、OBD2スキャナーを使用すると、原因を特定できます。これは、スパークプラグの問題である可能性があります。 燃費が悪化  プリウスが給油所に立ち寄る回数が増えていませんか? 支出の増加は効率の低下を意味します。効率が低下する理由の1つは、イリジウムス

プリウスハイブリッド ラジエーターキャップの無視できない兆候

ラジエターキャップの機能低下がもたらす障害  プリウスハイブリッドのラジエーターキャップは全体的に見れば小さな一部品に過ぎません。  これがうまくいかないと、多くの問題を引き起こす可能性があります。最悪の場合、あなたは道路の脇に座ったままで、プリウスハイブリッドが回復するまで待つことになります。ただし、幸いなことにほとんどの問題と同様に、いくつかの早期警告サインがありますので、少しの観察と警戒心をもって、プリウスハイブリッドに障害が発生する前に問題(およびそれらに関連するコスト)を回避することができます。 ラジエターキャップの機能  この単純な名前にだまされないでください。プリウスのラジエーターキャップは、入口でクーラントがシステムから漏れるのを防ぐだけではありません。ラジエーター内に正しい圧力を保持し、双方向バルブとして機能します。 何でこれが大切ですか?  余分な圧力がクーラントの沸点を上昇させ、エンジンから熱を引き出して全体の温度を下げるため、クーラントが蒸気に変わるのを防ぎます。  これは、ラジエーターキャップが故障した場合、エンジンに熱が蓄積する可能性があることを意味します。そして、それは他のシステムがうまく機能しなくなる可能性があるときです。 プリウスハイブリッドに対して警戒する必要がある兆候 クーラントの漏れ  プリウスのラジエーターキャップが壊れていると、クーラントシステム内の圧力が低下し、クーラントの一部が蒸気になり、シール、ガスケット、ホース、および接合部(クーラントシステムの最も弱い点)にストレスと故障が発生する可能性があります。  時間が経つにつれて、これはクーラントシステムからの漏れにつながる可能性があり、プリウスハイブリッドの下に明るい色の液体プールとして見えるようになります。このような漏れが見られる場合は、キャップに摩耗や損傷の兆候がないか確認してください。  ただし、加圧のため、これらのリーク(漏れ)の一部は、エンジンが完全に動作しているときにのみ発生し、スプレー状にパイプとシールからクーラントを吹き出します。  漏れの原因を見つける1つの方法は、個々のパイプをつかむことです。この圧力の上昇により、欠陥のあるシールやガスケットから液体が少し滴り落ちるはずです。漏れの根本的な原因である可能性があるため、パイプとシールを交換し、ラ

プリウストランスミッションの修理と交換について

プリウストランスミッションの修理と交換について  トランスミッション修理の特徴  トランスミッションはエンジンのエネルギーを受け取り、それを車両を駆動するホイールに送ります。これは、実行できる最も大規模で費用のかかる修理の1つです。トランスミッションは、内部に部品があるのとほぼ同じ理由で故障する可能性があり、多くの場合、修理するよりも交換する方が簡単です。   新しいまたは再構築された交換用トランスミッションだけでなく、古いユニットを取り外して新しいユニットと交換するために必要な労力も支払うことになります。  時間のかかる操作であり、これには、流体ライン、電気配線、エンジンマウント、排気システムコンポーネント、車軸またはドライブシャフトなどの切断が含まれます。 プリウスのトランスミッション不具合の原因  うまくいかないことがたくさんあるので、それは整備工場で何を修理する必要があるかによります。以下は、典型的な修理のリストです。 トランスミッションの漏れ :一般的な原因には、液体ラインのひび割れ、シールの漏れ、ガスケットの不良、ドレンプラグの破損、トルクコンバータポンプの損傷、トランスミッションパンの故障などがあります。 トランスミッションフルードフラッシュ :古いトランスミッションフルードを新しいフルードに交換します。 トランスミッションソレノイドの交換:ソレノイドはトランスミッション内の液体を制御します。それらはコンピュータによって供給される電圧を通して トランスミッションへ 働きかけます。 トランスミッションリンケージ :リンケージは時間の経過とともに緩む可能性があり、締める必要がある場合があります。また、完全に交換する必要がある場合もあります。 トランスミッションが非常に損傷していて修理できない場合があります。その場合は、再構築または再製造されたトランスミッションが必要になります。 プリウスのトランスミッションの症状は  いくつかの明らかな兆候がありますが、それはすべてトランスミッションのタイプに依存します。 オートマチックトランスミッション  オートマチックトランスミッションの問題は、マニュアルトランスミッションの 2倍の部品があるため はるかに複雑です。一般に、オートマチックトランスミッションの問題は4つのカテゴリに分類されます。 ドライブまたは他の前進ギ

地面にグリーンの水溜り発見!もしかしてウォーターポンプの故障か?

プリウスハイブリッドのウォーターポンプ交換 ウォーターポンプの役割・機能  プリウスハイブリッドのウォーターポンプは、クーラントの循環を維持するために不可欠なコンポーネントであり、プリウスのエンジンが適切な動作温度を維持するために重要な役割を果たします。クーラントが循環しないと、プリウスのエンジンが過熱し、早期の摩耗や損傷につながります。故障したウォーターポンプも漏れて、クーラントがさらに失われる可能性があります。  プリウスハイブリッドのウォーターポンプは少なくとも150,000キロ持続するように設計されていますが、ウォーターポンプが故障した場合は、高品質の優良部品認定レベルのユニットと交換する必要があります。より安価な交換用ポンプも利用できますが、耐用年数は50,000キロしかない場合があります。 プリウスハイブリッドのウォーターポンプ故障の兆候  ウォーターポンプはエンジンの冷却システムの心臓部であり、エンジン全体に常に流体を循環させ、すべてをスムーズに実行します。失敗した場合は、問題があります。 プリウスのウォーターポンプが動き始めたら、次の兆候を探します。 地面にある緑色の冷却剤の水たまり 水温計からの高温測定値 エンジンからの低音の研削音 エンジン前面から水漏れ  ウォーターポンプが完全に故障した場合、探すべき兆候は次のとおりです。 ラジエーターから出る煙または蒸気 エンジンの過熱 不規則な温度計  ウォーターポンプが故障すると、冷却液が循環しないため、エンジンが急速に加熱されます。 ウォーターポンプの故障の可能性の最初の兆候に気付いた場合は、すぐにアクトジャパンの整備士にご相談されることをオススメします。 ウォーターポンプからの漏れを一時的に止める  ウォーターポンプが漏れている場合は問題があります。問題の重大度は、漏れの重大度によって異なります。 ウォーターポンプは通常、シャフトシールまたはウォーターポンプガスケットの2つの異なる場所から漏れます。いずれにせよ、何か問題がありウォーターポンプを交換する必要があります。  ラジエーターに直接注ぐストップリーク添加剤がいくつかあり、(おそらく)漏れを密閉または遅らせることができます。この選択を採用する場合、これらの製品は一時的な修正であり、永続的な解決策ではないことに注意してください。 プリウスウォーター

プリウス30 怖いよ~、エンジン始動時に異音が発生。原因は何?

 始動時 にプリウスは異音を立てます。   これはプリウスオーナーから届いた質問です。  こんにちは!始動時に、私の2010年プリウス30は、エンジンが始動してから最初の5〜10秒間、ゴロゴロと音を立てます。    プリウスのヘッドガスケットが吹き飛ばされたように聞こえますが、それほど深刻ではありません。失火を引き起こす何か以外に、それはプリウスの中で何の異常が発生しているのでしょうか? こんにちは、アクトジャパンです。  あなたのプリウス異音問題はバルブタイミングアクチュエータに関係しているようです。それについて油圧が上昇した後にノイズが消えることで理由が説明できます。  圧力が高まるのにそれほど時間はかからないはずです。したがって、異音が発生するタイミングで別の問題がある可能性があります。  オイル交換が1万キロ以上行われていない場合、ここから始めます。  それが良ければ、次のステップは油圧が良好でタイミングマークが揃っていることを確認することです。  これがすべて良ければタイミングアクチュエータの交換を検討することを始めます。ただし、いくつかの障害コードが必要です。もしそうなら、診断機での結果を私に送ってもらえますか? ご不明な点やご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 エンジンの不具合に対応するアクトジャパン  我々はエンジンの不具合を交換または修復し、できるだけ早く走れる状態に戻すことが優先事項であり、迅速なエンジン診断サービスを行うことができます。私たちの整備士はエンジンシステム知識に経験豊富であり、私たちの蓄積された専門知識は、あなたが自信を持って道路に戻ることができるように、車両の問題を迅速かつ安全に診断できることを意味します。あなたの信頼とビジネスを獲得することを私達は楽しみにしています。 次の地域のいずれかに住んでいますか? 粕屋町長者原、福岡インターチェンジからすぐのアクトジャパンはあなたにとって非常に便利な愛車のかかりつけになれるかもしれません。 粕屋町  篠栗町  須恵町 志免町 久山町 東区青葉 東区土井 東区八田 私達がお手伝いします。   創業100年のアクトジャパン、私たちの整備の基本はあなたの車についてヒアリングし、当面の状況と今後予定される所有期間に基づき、 プロの目で メンテナンス計画の優先順位のアドバイス

プリウス ホイールベアリングの危険な徴候

  プリウスのホイールベアリング警告サイン プリウスのホイールベアリングに異常が発生しているかかどうかを見分ける方法です。 プリウスのホイールベアリングに異常が発生しているかかどうかを見分ける方法です。 ハミングノイズ きしむ、うなる カチッという音 ホイールのぐらつき ABS故障 タイヤの偏摩耗 車両が片側に引っ張られる ステアリングホイールの振動 ステアリングが緩んでいる ホイールベアリングの交換について  プリウスのホイールベアリングは、車軸のケーシング内を転がる硬化鋼製ボールベアリングで構成されています。1つまたは複数のホイールからうなり声や削られる音が聞こえる場合は、通常は潤滑が不足しているために、ベアリングが不具合になり故障していることを示している可能性があります。  騒音は次第に大きくなるとともに悪化し、プリウスの快適だった乗り心地に一定の粗さが現れます。それはまたあなたのハンドルを伝わる振動によって明白であるかもしれません。故障したベアリングを長く運転するほど、プリウスへの損害は大きくなる可能性があります。  プリウスの前輪駆動の状態によっては、今すぐ修理が必要になる場合があります。ブレーキとローターアセンブリを最初に取り外しすと、アクスルナットとハブアセンブリが現れます。古いベアリングを取り外して新しいユニットと交換してから、組み立て直します。 プリウスのホイールベアリングはどのくらい持ちますか  理論的には、ホイールベアリングはプリウス車体と同じくらい長持ちする可能性があります。オイル交換やタイヤローテーションとは異なり、それらを交換するための標準的なメンテナンススケジュールはありません。  ただし、ポットホールにぶつかったり、縁石にぶつかったり、スピードバンプをすばやく跳ね返ったりすると、ホイールベアリングが損傷する可能性があります。  水、砂、塩、砂がベアリングに付着すると、ハブアセンブリのグリースが汚染されます。これはベアリングを磨耗させ、最終的には損傷し不具合が発生します。 プリウスからきしむような音がする  プリウスのホイールで異音が聞こえる場合は、1つまたは複数のホイールでホイールベアリングの交換が必要である可能性があります。ノイズは、ガタガタ、カチッという音、ハミング、うなり声、または鳴き声として説明される場合があります。注意しない

ハイブリッドカーの長所と短所を知っておく

 ハイブリッドカーの長所と短所 ハイブリッドカーのメリット  ハイブリッドカーの最大のメリットは、CO2排出量が少ないことです。ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせることで、車の燃費を大幅に削減します。したがって、ハイブリッドカーのドライバーとして、燃料費を節約し、同時に環境に貢献します。  さらに、このタイプの車はバッテリーで走行するときに非常に静かであるため、燃焼機関を搭載した車と比較して騒音公害が大幅に減少します。  通常のガソリン車に比べて比較的早く給油できます。  ハイブリッドカーは優れた燃費で走ります!これは、電気モーターが燃料エンジンを高速でサポートするためです。 ハイブリッドカーのデメリット  ほとんどのハイブリッド車では、燃焼エンジンが主要なエネルギー源です。電気モーターが放電されると、車は完全にガソリン車のように機能し、同じように汚染します。  その結果、ハイブリッド車が電気モーターをオフにしたときに、燃焼エンジンもガソリン車やディーゼル車と同じレベルのノイズを引き起こします。  価格は多くのドライバーにとって高すぎる可能性があります。ハイブリッド車はガソリン車やディーゼル車よりもはるかに高価です。同時に、ハイブリッドバージョンの小型車モデルは多くないため、価格レベルは一般的に高いです。  時々、静かなハイブリッドカーは、それが来るのを聞いていないかもしれない歩行者やサイクリストに危険をもたらす可能性があります。 プラグインハイブリッド車  プラグインハイブリッド車は、プラグインの航続距離がいわゆる従来のハイブリッド車よりもはるかに長いという点で、フルハイブリッド車とは異なります。バッテリーは大きく電気モーターで運転する場合、その範囲は最大50キロになります。電気モーターが放電すると、ガソリンモーターが引き継ぎます。  したがって、プラグインハイブリッドは、燃料レベルを低く抑えてより環境に配慮した運転をしたい場合、市街地走行に非常に適しています。  ただし、範囲はいくつかの要因に依存し、(たとえば)寒い(霜が非常に少ない)、高速である、他の電気部品がオンになっている、またはバッテリーが完全に充電されていない場合に減少します。  このタイプの車は自己充電ハイブリッドではないため、自宅または住んでいる場所の近くに充電ステーションが必要であること